日焼け止めの選び方

暖かくなると外出を楽しみたくなりますね🥰

ですが、紫外線が気になります。

シミ、しわ、たるみなど肌の老化の8割は

紫外線のエネルギーによるもの。

肌細胞やメラノサイト、コラーゲン、エラスチンなどの繊維組織に

ダメージを与えることからトラブルや老化が起こります。

それでも、

日なたで過ごすと精神面でも明るくなり、

幸せホルモンが増えて睡眠の質も良くなる♡

紫外線と上手く付き合っていくために、日焼け止めをしっかりと塗りましょう✨

しっかりと肌を守るためにSPF値の高いものを選びがちですが、

紫外線吸収剤は肌に炎症を起こしたり

紫外線散乱剤は肌を乾燥させたり

肌の炎症や乾燥もまた老化を進めてしまうので、

◼︎日焼け止めは生活スタイルに合わせて数値を選ぶ。

◼︎適量(パール2粒程度)をきちんと塗る。

◼︎汗をかいた時、または4、5時間おきに塗り直す。

など心がけて紫外線対策をしてください😊

※日本皮膚科学会のサンスクリーン剤使用の目安より

シュリーでは生活シーンに合わせて、

SPF15、25,27、50+

をご用意してます。

ちなみにSPFは紫外線B波の肌が赤くなったりヒリヒリ火傷のようなダメージを防止するもの。

B波はエネルギーは強いですが、雲りや窓ガラスを通過しにくいです。

PAは紫外線A派によるしわ、たるみに繋がるダメージを防止します。

A波はエネルギーは弱いものの室内までも通過しやすく、肌も深部にダメージを与えます。

紫外線ダメージの7割はA波によるものとも言われますので、

やはり室内で過ごす日でもしっかりと日焼け止めは塗りましょう。

 

室内が多い、家事や通勤程度だとSPF15の

エンビロン

ラドエンリッチドサンクリーム

美容クリームのようなしっとり感。

抗酸化ビタミンも紫外線ダメージを予防。

保湿効果があってツヤ肌が嬉しくなる💛

ラドシールドミネラルサンスクリーン

ノンケミカルで肌負担が少ない✨

抗酸化成分配合で酸化ストレスを除去、

近赤外線対策もできます。

伸びがよく、しっかりコーティングする感じです。

車の運転時間が長い、お子様と外出が多いならSPF30程度なら

アドソーブマルチアクションプライマーゲル

界面活性剤、鉱物油、パラパン、フェノキシエタノールフリー

ダチョウ抗体原料を含みシミ発生を抑え、

肌の乾燥を予防し、抗糖化作用あって

エイジングケアもできます。

プライマー効果あり、ツヤ肌メイク下地にも💛

アドソーブジェントルUVゲル

同じく界面活性剤、鉱物油、パラパン、フェノキシエタノールフリー、ブルーライトカット

0歳でも使える完全水浴性日焼け止め。

ダチョウ抗体原料を含みシミ発生を抑え、

肌の常在菌バランスも整えるので

肌トラブル、炎症が起こりやすい方におすすめ✨

ゴルフやテニス、登山などアウトドアにはSPF50

リベルステムUVクリーム

メタルフリーでSPF値が高いのに乾燥しにくい。

吸収剤を肌に負担をかけないようにコーティング。

ヒト脂肪幹細胞培養液配合💛

コスパも良いです。

エロージュザデイクリーム

汗、水に強いウォーターレジスタンスタイプ✨

ヒト幹細胞培養液や老化予防成分、

肌刺激緩和成分、ブルーライトカット、

専用クレンジング不要の伸びのよい日焼け止め。

シーンに合わせて使い分けしてみてください👍🏻✨